panasonicナノケアドライヤーを徹底評価!!

panasonic ドライヤー EH-NA99とは

人気のパナソニックナノケアドライヤーの新機種EH-NA99。さらにナノケア技術が進化して、髪のうるおい度アップ。乾燥スピードも15%アップしました。

使い方

様々なモードで美髪に

一般的なドライヤーと同じように使えばOKです。取手の部分のスイッチをスライドすれば、風量を調節できますので、好きな風量で乾かしましょう。
TURBOは強風、DRYはやや強風、SETは弱風です。

EH-NA997は、速乾ノズルを搭載していて、従来の機種よりも15%も乾燥スピードがアップしていますので、速攻で濡れた髪を乾かすことができるのですが、それだけではなく、EH-NA99はナノケアドライヤーなので、普通に使うだけで、髪が潤って、パサつきを抑えられるという効果があります。

それから、EH-NA99には5つのモードが搭載されていて、取手の上にある風温切替ボタンで選ぶことができます。
・毛先集中ケアモード・・・風量SETで風温切替ボタンCAREを選択  まとまりにくい毛先を集中的にケアしてまとまりやすくします。
・温冷リズムモード・・・風音切替ボタンを1回  温風と冷風を交互に出すことによって、髪の表面にツヤを出すことができます。
・インテリジェント温風モード・・・風温切替ボタンを長押し  夏など暑い時に温風の熱を下げたい時に使います。
・スカルプモード・・・風温ボタンでSCALPを選択  髪の根本、地肌を乾かす時に使います。
・スキンモード・・・風量SETで風温切替ボタンSKINを選択  ドライヤーの風で乾燥してしまった顔の肌に潤いを与えます。

選ばれる理由

速攻で乾くのに、髪の毛が傷まないというのが人気の理由

パナソニックのナノケアシリーズは、とても人気がありますよね。
それは、やはり、濡れた髪を速攻で乾かすことができるのに、髪を傷めないからでしょう。

EH-NA99には新しい速乾ノズルが搭載されていて、強い風と弱い風を同時に出すことによって、髪の毛の束をほぐし、効率よく髪の毛を乾かします。
短時間で乾かすことにより、熱によるダメージを抑えることが可能なんですね。

普通のドライヤーだと、熱風によって髪のたんぱく質を壊してしまうので、キューティクルが剥げて、乾燥してパサパサな髪になったり、枝毛ができてしまったりするのですが、パナソニックのナノケアドライヤーは、髪にダメージを与えるどころか、逆に潤いを与えて、美髪にするという効果があります。

ナノケアとは、水分をたっぷりと含んでいる超微粒子マイナスイオン“ナノイー”を使用したヘアケアのこと。
EH-NA99のナノケアは、ナノイーだけではなく、ミネラルイオンも同時に使用するので、髪に効率よく水分を補い、キューティクルを整えて、潤いのある美しい髪にしてくれます。

さらに、ナノケアにより、頭皮のケア、ブラッシング時の摩擦によるダメージや、紫外線によるダメージから髪を守る効果も期待できます。

このように、使うだけで美髪になれるからEH-NA99は大人気なのです。

使ってみると

パナソニックのナノケアドライヤーはやっぱりいい!

パナソニックのナノケアドライヤー新機種のEH-NA99を早速手に入れました!
ちょっと重いかな?と思ったのが第一印象。

でも、TURBOですぐに髪が乾くので、腕が疲れることはありません。
本当にすぐ乾きます!
今まで使っていたドライヤーも、かなり強風だったのですが、EH-NA99だと5分は早く乾かせます。

あと、気になる髪の潤いですが、やはり今までより断然潤っていますね。
まとまり感が本当に違います。
スタイリング剤とか使わなくてもイケるくらいです。

それから、5つのモードも試してみました!
特に気に入ったのは、毛先集中モードと、スキンモードですね。
毛先は、スタイリング剤を使っても、どうしても広がってしまうので、私の悩みの種だったのですが、すっきりとまとまるようになりました。

あと、ドライヤーの熱風で顔の肌が乾燥するって、いつも思っていたので、これは有難いです。
美肌効果があるドライヤーって、他にはないですよね。

ナノケアドライヤーは、美髪効果が高いと聞いてはいましたが、実際に使ってみて、やはりいいです。
明らかに髪がツヤツヤになりました。
正に、ヘアエステするドライヤー。
これはおすすめですね。

おすすめしたい人

今の髪を変えたいなら、是非、EH-NA99を

パナソニックのナノケアドライヤーEH-NA99は、全ての人におすすめですが、特にこんな人には強くおすすめしたいです!

・髪がパサついてまとまらない人
髪のパサつきの原因は乾燥。
ナノイーが髪に水分を与えますので、パサつきを改善してくれます。

・枝毛を作りたくないという人
枝毛は髪のキューティクルが摩擦などによって剥げてしまうためにできてしまいます。
EH-NA99のナノイーとミネラルがキューティクルを密着させるので、枝毛ができるのを防ぐことができます。

・最近、髪のボリュームが落ちてきたと感じている人
歳とともに、髪も老化してボリュームが落ちたり、コシが無くなったりします。
ナノケアドライヤーEH-NA99のナノイーには頭皮にも潤いを与える効果があります。
スカルプモードを使えば頭皮をいたわりながら、髪を乾かすことができます。

・髪が太くて、量が多い人
髪が太くて、量が多いという人は、乾かすのも一苦労で、ついつい自然乾燥という人が多いですが、EH-NA99は、従来のナノケアドライヤーの15%も乾燥スピードがアップしていますので、どんな髪質の人も短時間で乾かすことが可能です。

競合他社製品との比較

ドライヤーに何を求める?

ドライヤーは、色々なメーカーの物がありますが、それぞれ得意なところが違いますね。
髪がサラサラになるドライヤー、髪ツヤが良くなるドライヤー、風量が強くてすぐに乾かせるドライヤー、私はツヤ感・まとまり感が欲しいので、やはりナノケアドライヤーEH-NA99かなと思うのですが、皆さんはどのドライヤーを選びますか?

ダイソン スーパーソニック

今まで無かった形状をしていることで話題になったドライヤーですね。
ダイソンのスーパーソニックの特徴は、何と言っても、風量が凄いことです。
髪を速攻で乾かしたい人にはおすすめ。

その風量はパナソニックナノケアドライヤーの約2倍だそうですが、音はとても静かです。
3段階の風量調節可能で、温度も4段階に調節でき、マイナスイオン機能もあります。
3種類のノズルが付属していて、これらを使えば、普通のドライヤーと同じようにブローもできます。
ただし、さすがダイソン、とても高価で、値段もパナソニックのナノケアドライヤーの2倍くらいします。

シャープ プラズマクラスタードライヤー IB-GP9

シャープ プラズマクラスタードライヤーには、マイナスイオン機能として、シャープ独自のプラズマクラスターが使われています。プラズマクラスターは静電気を抑えるので、髪がダメージを受けるのを防ぐ効果があります。
ただし、プラズマクラスターが機能は、冷風SETのときのみ可能なので、温風によるダメージは多少受けるかもしれません。

日立 ヘアクリエプラス HD-NS900

日立ヘアクリエプラスHD-NS900は、ナノイオンを搭載しています。
ナノイオン効果で、髪に潤いを与えます。

また、このドライヤーは風量が強いという点がもう1つの特徴となっています。
その風量は、1.9㎥/分。
そして、なかなかの低騒音です。

それから、このドライヤーには付属品としてスタンドが付いてくるのですが、これを使うとハンズフリーでドライヤーをかけられますので、結構、便利です。

メーカー紹介:パナソニック

創業100年の実力で毎日を楽しくしてくれる家電を提供しています

1917年に松下幸之助が大阪で開業してから100年。電球用のソケットの製造から始まり、今では家電をはじめ、住宅設備、車載機器、携帯電話、パソコン、電気自転車など、広い分野のエレクトロニクスを手掛けている、世界でもトップスラスの電気メーカーです。

パナソニックのその他の主な商品

ナノイーを搭載したナノケアドライヤーラインナップ

今、国内で最も人気のあるパナソニックのナノケアドライヤー。他社に先駆けて登場した、髪を美しくするドライヤーの効果に驚いた人も多いことでしょう。そんなナノケアドライヤーが、美髪効果はそのままに、さらに便利に使えるようになりました!2017年新機種のナノケアドライヤーのラインナップをご紹介します。

ナノケアEF-NA29

ナノケアドライヤーEH-NA29は、EH-NA99と同じくナノイーを搭載しているドライヤーです。
EH-NA99に比べて、コンパクトで軽量にできていて、腕も疲れず、使いやすいのですが、風量1.3㎥/分で、体に似合わず、とてもパワフルです。
ただし、EH-NA99ほどモードはありません。
男性や短髪の方におすすめです。

ナノケアドライヤーEH-NA59

ナノケアドライヤーEH-NA59は、海外でもナノケアドライヤーを使えるようにと開発されたドライヤーで、AC100/200VとAC120/240Vの2つのACを選択できます。
風量も強く、もちろんナノイー搭載です。
付属の速乾ノズルを使えば、さらに早く髪を乾かせます。
ただし、EH-NA29と同じく、EH-NA99のようなモードは搭載していません。

panasonic ドライヤー EH-NA99