ロボット掃除機ブラーバを徹底評価!!

iRobot お掃除ロボット ブラーバ371jとは

ボタンを押すだけで、部屋の隅々までキレイにしてくれる「お掃除ロボット」です。
から拭きの「ドライモード」と、水拭きの「ウェットモード」搭載。
床や汚れの種類に合わせて使い分けます。

付属品

付属品は、
・急速充電スタンド
・ACアダプター
・クリーニングパッド(2種)
・ドライクロス(白)
・ウェットクロス(青)
・交換用導水キャップ

です。

関連商品は、

稼働時間が著しく短くなったら出番!
・フロアモッピングロボット ブラーバ300シリーズ用 バッテリー

繊細なマイクロファイバーで汚れをキレイに・・・
・交換用クロスセット(ウェットクロス3枚)

ドライとウェットのセットもあります。
・ 交換用クロスセット(ドライクロス2枚・ウェットクロス1枚)

以上3点です。

使い方

時短家電は操作も簡単!

充電を済ませ、床の上のものを片付けたらスタートです。

ドライモードの場合・・・
まず、ドライクロスをクリーニングパッドに取り付けます。
次に、電源ボタンとドライモードスイッチを押します。
すると元気よく走り始めます。
広範囲を掃除したいときは、NorthStarキューブを平らな場所に設置します。
ブラーバは、このNorthStarキューブの赤外線信号に誘導されて動くのです。
ドライモードは、ホコリや毛の掃除に適しています。

ウェットモードの場合・・・
湿らせたウェットクロスを、水を入れたクリーニングパッドに取り付けます。
そして、電源ボタンとウェットモードスイッチを押します。
市販のウェットシートも使えますよ。
ウェットモードは、皮脂や食べ物の汚れを取るのに適しています。

掃除が終わるとスタート地点に自動で戻って来てくれる、賢いロボットです。

選ばれる理由

水拭きで、汚れを根元から取り除ける

から拭きも水拭きも可能ですが、特に水拭きが出来るという点が好評のようです。
同じ場所を3回念入りに拭き、頑固な皮脂汚れや食べこぼしのあとも残さず拭き取ってくれます。
これを人間が部屋じゅう隅々までするとなると、結構な体力が必要ですよね。

使ってみると

かゆいところに手が届く。ブラーバの力、恐るべし!!

開始時と終了時に短い音楽が鳴りますが、動いているときは想像以上に静かです。
テレビを観ていても、会話をしても全く気になりません。就寝時にも使えます。

ドライモードで掃除させてみたところ、おととい掃除をしたばかりにも関わらず、
クロスにゴミがびっしり付着していました。
ほこりがたまりやすい壁際に沿って掃除してくれたかと思えば、
ソファーの下にもスイスイ入り込んでいき・・・感動しました。
高さが8cm以上あれば、隙間に入り込んで掃除してくれるのです。

続いてウェットモードですが、こちらも終了時にはクロスの色が変化しており、
いかに綺麗に掃除してくれたかが見てわかりました。
ブラーバの通過したところはピッカピカ。私の掃除力を上回っていると感じました。
そして、水拭きやしないと取れない汚れが多いことに気付かされました。
一度使い始めると手放せなくなるかもしれません。

おすすめしたい人

小さな子どもやペットがいる方、料理をする方

お子さまやペットの食べこぼしが気になる方には特におすすめです。
そして、日常的に料理をする方にもおすすめしたいです。

油や汁物を扱うキッチンまわりは、気を付けていても汚れてしまう場所ですよね。
汚れが取れにくくなる前に、ラクラクお掃除で一気に綺麗にしてしまいましょう。

競合他社製品との比較

2台目におすすめの拭き掃除ロボ

拭き掃除をしてくれるロボットは、まだあまり市場に出ておらず、
人気でいえばブラーバの一人勝ち状態です。

今回は台湾のメーカーのものと、
お手頃価格で、2台目のお掃除ロボットにおすすめのものをご紹介します。

Proscenic JOJO

「ドライ」と「ウェット」2つのモードがあり、価格もブラーバとそう変わりません。
こちらのほうがややコンパクトでしょうか。

ツカモトエイム 2in1ロボットクリーナー

「拭き」と「吸う」が同時に出来る、2in1モップロボットクリーナーです。
バキューム付きで吸引力に優れています。
水拭きまでは必要ないという方にはおすすめです。

CCP マイクロファイバー モップロボット モーファ

片手で持てる軽量サイズ(0.5kg)で、30分タイマー付きなのが嬉しいポイント。
モップのふわふわ感を生かしたキュートなルックスは、女性に好まれます。

メーカー紹介:iRobotとは

日本のロボット産業に衝撃を与えた米国企業

1990年にボストンで設立された、世界トップのロボット専業メーカーです。
マッピング&ナビゲーション、人とロボットの交流、物理的ソリューションなど最先端の技術開発をおこなっています。
2017年にはついに日本法人を設立。日本でのビジネス展開を本格化する動きがあります。

iRobotのその他の主な商品

ブラーバとルンバのW使いで、清潔感溢れる居心地のいい家に

IRobotの代表作であるルンバの最新モデルと、ブラーバの仲間をを紹介します。

ルンバ 690

2017年8月に発売されたばかりのスタンダードモデルです。
上位モデルの900シリーズにしか出来なかった、スマートフォンとの連携が出来るようになりました。
3段階クリーニングシステムで掃除の効率化を実現、人間には不可能な動きで部屋を綺麗にします。

ブラーバ ジェット240

洗浄力重視ならこちらをおすすめ。ジェットスプレーで水を噴きつけ掃除します。
「ウェットモップモード」「ダンプスウィープモード」「ドライスウィープモード」の3つのモードを搭載。
体は小さいですが、パワーはブラーバを超えています。

iRobot お掃除ロボット ブラーバ371j