拭き掃除ができるロボット掃除機ブラーバが可愛いんです

どうでしょう? 

ブラーバの使い方はとても簡単ですよね。 
どちらの拭き掃除をする時も、掃除機ロボットルンバと同じように、机などの家具がどこにあるか把握しながら進みますが、それはiRobot独自の技術“iAdapt2.0キューブナビゲーション”を搭載しているからです。 

8㎝以上の高さがあれば、家具の下にも潜り込んで掃除してくれますし、段差も自動で察知。 
絨毯やラグなどには乗り上げないので安心です。 

ちょっと複雑な家具の配置をしている場合は、付属品のNorthStarキューブを使えば、ブラーバを誘導してくれます。 
掃除が終わると、ブラーバはスタートした所に自動で戻ります。 
掃除機ロボット ルンバのように、自動で充電はしませんので、掃除が終わったら充電してください。 
 

選ばれる理由

 

面倒な拭き掃除をブラーバが勝手にやってくれる!

 
自動で掃除をしてくれる掃除機ロボットはとても便利ですね。 
自分で掃除をしなくても、いつの間にかきれいになっているのですから、掃除機ロボットはもう手放せないと思っている人は多いのではないでしょうか? 

でも、掃除機をかけるだけでは掃除は終わりません。 
床には、ホコリはもちろん、皮脂の汚れや食べ物の汚れなどが付着していますので、拭き掃除が必要です。 

でも、拭き掃除は本当に面倒ですよね。 
だから、床拭きロボット ルンバは人気があるのです。 
面倒な拭き掃除を部屋中くまなくやってくれるのですから。 

iRobotのテクノロジーで、家具を除けながら拭き掃除をしますが、フロント部分にバンパーが付いていますので、家具に当たっても傷をつけることもなく安心。 
市販のドライシートやウェットシートが使えるところも嬉しいですね。 
 

使ってみると

 

いつも床がピカピカで気持ちいい!

 
いつも掃除機はかけても、床拭きはなかなかできず、たまにしても、モップでチャッチャット真ん中だけ拭く感じ。 
なので、ブラーバを早速使ってみました。 

掃除機をかけてから拭き掃除というのが、掃除のルールですが、掃除機の代わりにブラーバのから拭きを試してみることに。 
端っこまでできるのかなあと思っていましたが、ちゃんとやってくれますね。 

あと、ソファーの下やベッドの下まで潜り込むんです。 
だから、ホコリとか髪の毛がごっそり、クロスにくっついていました。 
から拭きが終わったみたいで、ルンバが最初の位置に戻ってきたので、次は水拭きにトライ。 

タンクに水を入れて、スタートボタンを押すと、行ったり来たりして進み始めました。 
説明書によると、同じ場所を3回拭くんですね。 
なかなか丁寧ですね。 

拭き終わったクロスを見てみたら、真っ黒。 
おかげで床がピカピカになりました! 

使い方も簡単で、お手入れも楽ちん。 
ブラーバ、いいです! 
とても気に入りました。 
 

おすすめしたい人

 

フローリングの部屋があるお宅に

 
iRobotのブラーバは、床の拭き掃除をしてくれる画期的なお掃除ロボットです。 
今まで、こんなロボットなかったですよね。 
手間暇かけることなく、フローリングがピカピカになるので、フローリングがあるお宅は、是非、ブラーバを! 
楽して気持ち良く生活しましょう。 

コメントを残す