仮想通貨のマイニングに欠かせないGPUの最強決定番付!!

仮想通貨のマイニングに欠かせないGPU!Radeon RX 480とGEFORCE GTX 1050どちらがおすすめ?

  • GPUとは
  • GPUの王道2種を比べてみた
  • Radeon RX 480
  • GEFORCE GTX 1050
  • コスパを重視したいのならGEFORCE GTX 1050がおすすめです
  •  

     GPUとは

     
    GPUとは、グラフィック・プロセッシング・ユニットの略したもので、グラフィックチップスとも呼ばれています。GPUの役割は、3Dグラフィックを中心に、映像を再生、暗号化する高度な演算処理を行っています。処理能力は半導体製造技術的にもCPUに勝るとも劣りません。

    特に、GPUは仮想通貨のマイニングには重要で、欠かせない存在となっています。仮想通貨のマイニングを行うときには、ブロックチェーンの技術を使う主にハッシュ関数計算を行っています。GPUは、ハッシュ関数のような単純な演算が得意なのに加えて、演算を行う並列処理が優れています。GPUが優れていれば、より効果的な早いマイニングができると言っていいでしょう。
    「幅広い通貨に対応できるか?」「電気代は高いか?」などの違いは、GPUの性能や相性の違いによって変わってきます。ですから、マイニングを行う際には、より相性の良いGPUを選びだす事が非常に大切なのです。

     

     GPUの王道2種を比べてみた

     
    GPUの王道としてあげられるのが、RadeonとGeForceの2つの種類のGPUです。マイニングするコインによって相性が違ってきますが、RadeonとGeForceにはそれぞれ得意な仮想通貨があります。GeForceのほうが、幅広い通貨に対応できるというメリットを持っていますが、取り扱いたい仮想通過が決まっている場合には、Radeonも視野に入れて比較してみるとよいでしょう。
    RadeonのGPUは、イーサリアム系の通貨マイニングなら効率よく行ってくれます。イーサリアム系の通貨マイニングをと考えている方には、おすすめのGPUです。Radeonの特徴としてあげられるは、少ない消費電力と排熱量で、コスパの高いマイニングしてくれることです。ただし、ゲームには向かず、売却はGeForceよりも劣ってしまいます。

    GeForceのGPUは、Bitcoin、モナコイン、Zcashと広い仮想通貨のマイニングに対応してくれます。最近では、イーサムリアのマイニングの難易度が高くなったために、GeForceの人気も高まってきました。GeForceは、Radeon系よりもパーツ代が高く、マイニングの効率も悪いとも言われていますが、nicehashを使うと効率の良いマイニングができるようになります。また、GeForce系は、一般ユーザーやゲーマーからも人気なので、高値での売却が可能です。Radeon系のGPUがイーサリアムの高騰で品切れになり、GeForce系に注目が集まっています。

    Radeon RX 480

     
    MSI Radeon RX 480 GAMING X 8G グラフィックスボード VD6126
    MSI Radeon RX 480 GAMING X 8G グラフィックスボード VD6126

    ASUSTekブランドから販売されているASUS COMPUTER INTLシリーズです。VRAM容量は2 GB、グラフィックアクセラレはgeforce gtx、重量は363gです。こちらの商品の特徴は、強力な風圧があるファンを2機搭載ており、より低い回転数で冷やすことができます。航空機のような先端を曲げたウィングブレードファンは、通常のファンよりも低い回転数でも強力な風を送ってくれます。お値段は、約6万円代です。

    コメントを残す