バルミューダの「The Gohan(ザ・ゴハン)」とバーミキュラの「Ricepot(ライスポット)」を徹底比較!!

バルミューダ ザ・ゴハンとは

バルミューダ 3合炊き 電気炊飯器 BALMUDA The Gohan バルミューダ ザ・ゴハン K03A-BK ブラック
バルミューダ ザ・ゴハン K03A-BK(ブラック)は、オシャレで実用性も高い家電で有名なバルミューダの炊飯器です。
エネルギーの使い方や炊飯器の構造を根本から見直すことで、お米本来の味わいや粒立ち、香りを引き出した美味しいご飯を炊くことができます。

「かまどや土鍋で炊いたご飯は美味しい」
これって、誰でも知っていることですよね。
では、なぜ美味しいのかはご存知ですか?

かまどや土鍋で炊いたご飯の美味しさの秘密は、エネルギーの使い方にあります。
ガスでご飯を炊くのに比べて、電気炊飯器ではそのエネルギーを約1/3しか使うことができません。
つまり、電気炊飯器ではエネルギーが足りないからご飯を美味しく炊くことができないとバルミューダは考えたのです。

そこで生まれたのが、バルミューダ独自の二重構造の釜です。
釜を二重にしてその間に空間を作り、そこに水を入れて加熱することで、炊飯中だけその空間に見えない蒸気の釜ができます。
蒸気の断熱性は分厚い金属釜と数倍から数十倍もあるので、内釜全体を包み込んでゆっくり加熱。
「蒸気だけの熱」で炊き上げることで、ご飯を美味しく炊き上げることができるのです。

そして、バルミューダならではのスタイリッシュでオシャレなデザインも魅力的。
昔、かまどで炊いていた時代を彷彿とさせるレトロさがありながら、シックでシンプルなデザインなのでキッチンに置いておくだけで映えますね。

バーミキュラ ライスポットとは

バーミキュラ ライスポット トリュフグレー RP23A-GY
ライスポットの製造会社は名古屋の老舗鋳造メーカーである愛知ドビーです。
その愛知ドビーから生まれた鋳物ホーロー鍋ブランド・バーミキュラの炊飯器がライスポットです。

バーミキュラのライスポットが目指したのは「世界一、おいしいご飯が炊ける炊飯器」。
メイドインジャパンの圧倒的な技術力が集結したバーミキュラのホーロー鍋と、指先一つで理想的な火加減に調節できるポットヒーターが出会ったことで、イノベーティブな炊飯器が誕生しました。

「トリプルサーモテクノロジー」と呼ばれる独自の熱伝導技術と、立体的に加熱できる「ラップアップヒートテクノロジー」の2つのテクノロジーでお米本来の旨味を引き出し、お米の一粒一粒に美味しさが感じられるご飯に炊き上げます。

バーミキュラ ライスポットの特筆すべき点は、バーミキュラブランドのホーロー鍋である「ポット」とIH調理器の「ポットヒーター」からできているというところ。
だから一般的な炊飯器とは違って、ポット部分をホーロー鍋としてコンロで使用することもできちゃうんです。

バルミューダとバーミキュラの炊飯器を徹底比較

価格や機能、炊きあがりの味や食感などを比べてみました

バルミューダのザ・ゴハンとバーミキュラのライスポット。
炊き方の仕組みなどに違いはあるものの、どちらも独自の技術を生かして美味しいご飯を炊き上げることができる、素晴らしい炊飯器だということが分かりますよね。

それでは、この2つの炊飯器にはどの様な違いがあるのでしょうか?
バルミューダとバーミキュラの炊飯器について比べてみました。

価格

バルミューダ ザ・ゴハン:税抜き41,500円
バーミキュラ ライスポット5合炊き:税抜き79,800円
3合炊き:税抜き64,800円
どちらも公式サイトの価格で比べてみました。
バルミューダのザ・ゴハンも炊飯器にしてはかなり高価ですが、バーミキュラのライスポットは同じ3合炊きで比べても1.5倍ほど高くなるので、かなりの高級品だということがわかりますね。

機能

バルミューダ ザ・ポット
白米・白米早炊・玄米・炊込・おかゆの5つの炊き方が選択できます。
タイマー予約も可能です。

バーミキュラ ライスポット
操作パネルはタッチキーになっていて、その時点で操作可能なボタンのみが光る仕組みなので便利。
炊飯はタイマー予約も可能です。
「中火」「弱火」「極弱火」「保温」の調理モードを搭載しているので本格料理も作れます。
付属のレシピブックには91もの専用レシピが掲載されています。

バルミューダ ザ・ゴハンはシンプルな炊飯機能だけなのに対し、バーミキュラ ライスポットはホーロー鍋として様々な料理を作ることができるという点が大きな違いだと言えるでしょう。

なお、一般的な炊飯器のほとんどについている保温機能は、ザ・ゴハンにもライスポットにも付いていません。

炊きあがりの味や食感

バルミューダ ザ・ゴハン
口に含んだ時の味や香りは比較的あっさりしているものの、噛めば噛むほどお米本来の甘さが口いっぱいに広がっていきます。
お米の外側はしっかりとした食感が残っている反面、中身は驚くほど柔らかく炊きあがっています。

バーミキュラ ライスポット
口に入れた瞬間にふわっと広がるお米の甘みが印象的。
しっかりとした食感が残っており、とにかく食べごたえのあるゴハンに炊きあがります。

気軽に使える炊飯器が欲しい人にはバルミューダがおすすめ

シンプルで使いやすい炊飯器

バルミューダのザ・ゴハンは、炊飯器としてはかなり高価であるものの、バーミキュラのライスポットと比較するとリーズナブルな価格設定です。
ただし、できるのはご飯を炊くことだけ。
高いだけあってご飯を美味しく炊くことができるし、「最高の炊飯器」が欲しい人にとってはおすすめですよ。
内釜の内側に水位線が付いており、軽くて扱いやすいのもメリットですね。

本格調理器具としての炊飯器が欲しい人にはバーミキュラがおすすめ

色々な料理を作ることができます

バーミキュラ ライスポットは、ご飯を美味しく炊くことができるのはもちろんのこと、他の本格料理を作ることもできるという点が魅力です。
その分、価格はザ・ゴハンの約1.5倍とかなり高価ですが、「バーミキュラのホーロー鍋」としても使うことができると思えば、決して高すぎると言うわけではありません。

内釜に水位線がないので水も計量カップでわざわざ計らないといけないし、内釜が重くて扱いにくいというデメリットもあるものの、「本格調理器具としての炊飯器」が欲しい人にはバーミキュラのライスポットがおすすめですよ。