ベストオブ防災セットを考えてみた!!

防災セットとは

「防災セット」とは、地震など災害が起こった時に必要なアイテムや役立つグッズが入ったセットのこと。
避難の際に持ち出すことを想定したセットであり、「非常用持出袋」や、「緊急避難セット」などの名称でも呼ばれています。
内容はメーカーや商品ごとに違いがありますが、一般的には非常食(保存食)・水・簡易トイレ・ライト・ラジオ・応急セット・防寒対策用品などが入っています。

もちろん、人によって災害時に必要な物は違ってきますし
「わざわざセットを購入しなくても、自分にとって必要なものをリュックや袋に詰めれば良いのでは?」
と思うかもしれません。

しかし、防災セットは非常時に持ち出すことを考えると必要最小限の物だけを詰めなくてはいけません。
あれもこれもと欲張って詰めてしまうと、重くて持ち出すのにも一苦労だからです。
自分でアイテムを選んで詰めようとすると、何を選んだら良いのか分からず重くなってしまうこともありますよね。

そこでおすすめなのが、あらかじめ必要なグッズが揃っている「防災セット」なのです。
「防災セット」を家庭ごとに必要な数だけ準備しておけばとりあえず安心ですし、年齢や家族構成に合わせて中身を増やしたり減らしたりすることもできます。

 防災セットを選ぶ際のポイント

一言に「防災セット」とは言っても、ネットで検索をしてみると実に様々な商品があります。
内容も重さも色々なので、どれを選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

そこで、防災セットを選ぶ際のポイントについてまとめてみました。

内容

防災セットを選ぶ際は、言うまでもなく中身が大切です。

一般的に、防災セットの中身としての必需品は
・水と非常食
・ライト
・ラジオ
・防寒具
・軍手
・レジャーシート
・ライターやチャッカマン(火を着けるもの)
・ポケットティッシュやトイレットペーパー
・雨具
・ポリ袋
・簡易トイレ
・スリッパ
・常備薬
・銀行や免許証などの番号をメモしたもの
・下着や衣服
になります。

このうち、最後の3つ以外がきちんと入っている防災セットを選ぶのがベストです。

重さ

多くの人がつい見落としがちなのが、防災セットの重さです。
防災セットで水や食料なども含まれたフルセットだと、重さが10~15kgになるものも珍しくありません。
若くて健康な男性であれば15kgのリュックでも難なく持ち運ぶことができますが、女性や高齢者だとなかなか大変ですよね。
災害時には足元が不安定になってしまうこともありますし、荷物が重すぎると避難に時間がかかってしまって命の危険にさらされる可能性もあるかもしれません。

災害時でもある程度身軽に動くことができるよう、健康な成人は10kg、お子さんや高齢者の方は5kgを目安にすると良いでしょう。

家族構成

持てる重さや必要なものって、家族構成によってもかなり違ってきますよね。

例えば赤ちゃんのいる家庭では数日分のオムツや離乳食、ミルクも入れなくてはいけませんし、小さなお子さんがいる場合は抱っこしなくてはいけなくなるケースを考えるとあまり重い防災セットは不向きです。

また高齢者の方や赤ちゃんのいる家庭の場合、避難所で感染症が流行する可能性も考えてマスクやアルコール消毒液が入っていると安心です。

上記で紹介した必需品の中でも、ラジオやライターは家族で1個あればOKなので、家族構成も考えて個々に必要な防災セットを選ぶと無駄がないですよ。

入れ物の素材や形状など

防災セットが入っている入れ物はリュックが一般的ですが、引きずって運べるキャリータイプやリュックとキャリーの兼用タイプなどもあります。
キャリータイプは足元が不安定な場所では使いにくいというデメリットがありますが、そうでなければ子どもでも運ぶことができるというメリットもあります。

また、キャリータイプは自立するという点もメリットです。
避難所では一人あたりのスペースが狭いので、自立しないリュックやバッグだとスペースを多く取ってしまったり、すぐに倒れてしまったりして周りの方の迷惑になってしまう可能性もあるからです。
リュックタイプを選ぶ場合も、自立するかどうかは大切なポイントだと言えそうですね。

素材は、やはり丈夫で防炎・防水加工がされているものがオススメです。
特に防水加工は必須ですね。

見た目は特にこだわらないという人も多いかもしれませんが、最近ではオシャレなデザインで普段遣いもできそうな防災セットも出ています。
すぐに持ち出せるように、玄関などの目立つ場所に置く場合にはデザインにこだわっても良いでしょう。

また、ひと目で防災用品だとわかるグッドデザインや、夜でも目立つ反射材・
蓄光材をリュックなどもあるので必要に応じて選んでくださいね。

おすすめの防災セット①LA・PITA ものすごい防災セットプレミアム1人用(赤)

リュックにもキャリーにもなります!

「ものすごい」という名前が付けられたこの防災セットは、防災グッズや防災セットのトップブランドである「LA・PITA(ラピタ)」が販売している商品です。

このセットの一番の特徴は、防災グッズの入っている入れ物が3WAYで使えるというところ。
・リュックとして背負う
・キャリーとして転がす
・バッグとして持つ
の3タイプの使い方ができるキャリーリュックなんです!

素早い移動や悪路を歩く場合はリュックに、疲れてしまった時にはキャリーにするなど、その場の状況や自身の体力に合わせた使い方ができるのが嬉しいですね。

このキャリーリュックは、他にも優れたポイントがたくさんあります。
リュック外側には大きなポケットがついていて、頻繁に出し入れしたいものを入れるのに便利。
本体部分には反射材を搭載しているので夜間の避難でも安全です。

また、業界では初の芯材を採用しているので自立性&保護性に優れているのも魅力。
コンパクトな南京錠付きでセキュリティにも配慮しています。

肝心の中身は
・多機能ダイナモラジオライト
・非常食
・7年保存 純天然アルカリ保存水×3本
・ウォーターバッグ
・簡易寝袋
・トイレONE3枚入り
・目かくしポンチョ
・AIR GOLON Fプラス
・簡易救急セット
・ポケットレインコート
・マスク
・蓄光ホイッスル
・高輝度調光ランタン
・簡易食器セット
・軍手
・ヒートパック3回分
・洗たくパック
・単三電池
と、なっています。

非常食や水、ライト、ラジオ、雨具、軍手などの必需品に加えて
「あると便利だな」
というグッズも入っているのが特徴です。

簡単な洗濯ができる「携帯用ビニール洗濯パック(石けん付き)」や冷たい床の上で寝る時に便利なエアーマット「AIR GOLON Fプラス」、1枚で2~3回使える「トイレONE3枚入り」など、避難生活で役立つアイテムが入っています。

これだけ充実した内容でありながらコンパクトで、重量も7.7 Kgと軽いので女性でも持ち運びができますし、男性の場合は追加でグッズを足すこともできます。
『内閣府・防災推進協議会 一般社団法人防災安全協会推奨』の防災セットだというのも納得できますね。

Amazonでの販売価格は21,980円です。

おすすめの防災セット②Defend Future 防災セット 1人用 Connect

防災士が作った防災セット

防災士が被災者の声を元に、消防士が作った「災害後3日間を生き抜く事を念頭においた」防災セットです。
軽さと内容のバランスが非常に良く、4.7 Kgという軽さが特徴です。

これだけコンパクトでありながら
・ダイナモラジオライト
・非常食
・5年保存水(500ml×4)
・エアーマット
・アルミブランケット
​​・簡易トイレ
・救急セット
・ウォータータンク
・紙皿
・ラップ
・軍手
・ホイッスル
・防災マニュアル
などの必需品がセットになっています。

ダイナモラジオライトは一つでAM/FMラジオ・LED懐中電灯・スマホ充電器の役割を果たす優れもの。
乾電池対応で、手回し充電も可能です。

非常食は白米とカレーの他、パワーブーストようかんが入っているのが特徴です。
手を汚さすに食べられるステックタイプのようかんで、非常時の栄養補給にピッタリ。
食べきりサイズなので食欲がない時でもサッと食べることができますよ。

入れ物であるリュックは撥水加工されているので雨の日でも安心。
大容量タイプで、セットの防災グッズを詰めてもまだ余裕があります。
自分にとって必要な物を詰めるスペースがあるのはありがたいですね。
サイドポケット付きで500mlのペットボトルを入れることができるのも便利です。

Amazonでの価格は10,000円です。

おすすめの防災セット③アイリスオーヤマ 防災グッズ はっ水加工済 避難リュック 14点セット

リーズナブルでシンプルなセット

今回紹介している中ではリーズナブルで軽い、お手軽な防災セットです。
その内容は
・手回し充電ラジオライト(450mAh)
・アルミ保温シート
・貼るカイロ(レギュラーサイズ)10個入
・軍手
・レインコート(Lサイズ)
・携帯トイレセット3回分
・ポケットティッシュ(8枚入)
・ひっぱりダストバッグ(1枚当たり30×40cm)
・マスク(Mサイズ7枚入)
・除菌ウェットティッシュ(10枚入)
・からだふき(30枚入)
・ウォータータンク(10L)
・ブルーシート(180×180cm)
となっており、ライト・ラジオ・防寒具・軍手・雨具などの必需品をほぼ網羅できています。

一点、気になるのは「非常食と水が入っていないこと」。
食べ物と水は、防災グッズとしての優先順位が高いですからね。
ただし、非常食が入っていないからこそ自分の食べやすいものを好みで用意できるというメリットもあります。
水も、防災セットの中身を年に1回程度見直すのであれば普通のペットボトルのミネラルウォーターでも大丈夫ですよ。

重量が2.39kgと非常に軽いので、お子さんのための防災セットとしてもオススメです。

Amazonでの価格は6,172円です。

④キッズ防災セット

 お子さん専用の防災セットとしてオススメ!

かわいらしいデザインのコンパクトなリュックに、お子さん向けの防災グッズを詰めたセットです。

適応身長は90~150cmとなっており、3歳くらいのお子さんから使うことができます。
幅広肩ベルトで小さなお子さんでも背負いやすいですよ。
肩ベルトは本体に収納できるので、狭い避難所でも邪魔になりにくいです。

防水素材と止水ファスナーを採用しているので雨が降っても大丈夫。
暗闇でも目立つ白&オレンジの本体に反射材と蓄光材を使っているので夜間の避難でも安心ですね。

中身は
・ダイナモ多機能ライト
・5年保存水(500ml×2本)
・えいようかん(60g×5本)
・5年保存缶詰パン(100g×1)
・アルミブランケット
・アルコール除菌ジェル
・緊急用呼子笛(IDカード付き)
・カイロ(×2)
・三角巾
・マスク
・救急セット
・緊急時連絡シート
となっています。
非常食はお子さんでも食べやすいパンやようかんを採用、緊急時連絡シートやIDカードが入っているのが特徴的ですね。

お子さんの防災グッズは保護者のリュックにまとめて入れてしまっても良いのでは?と思うかもしれません。
しかし、避難時にお子さんとはぐれてしまう可能性もゼロではないのです。

もちろん、親子で一緒に行動できればそれがベストですが、万が一別々になってしまった場合を考えると、お子さんにも専用の防災セットを用意した方が安心ですね。

こちらの防災セットは水と非常食が入っていながら重量が2.4kgと軽く、小さなお子さんでも楽々背負うことができます。
Amazonでの価格は14,040円です。

ベスト・オブ防災セットは「LA・PITA ものすごい防災セットプレミアム1人用」

一家に一つは準備しておきたい防災セットです

今回紹介した中でのベスト・オブ防災セットは「LA・PITA ものすごい防災セットプレミアム1人用」です。

この防災セットの一番の魅力は、入れ物が
「3通りに使うことができるキャリーリュック」
であるということ。

リュックかキャリーかどちらかを選ぶのであれば断然リュックの方が便利ですが、状況に応じてリュックとキャリーを使い分けることができればより便利ですよね。

入れ物だけではなく、内容も充実しています。
基本的な防災グッズや非常食はもちろんのこと、少量の水で加熱可能な「ヒートパック(3回分)」や、ちょっとしたものを洗濯できる「携帯用ビニール洗濯パック」なども入っているので避難所生活をより快適に過ごせます。

あとはカゴメの長期保存用野菜ジュース「野菜一日これ一本」が入っているのもポイントです。
避難生活はとにかく野菜が不足してしまうので、ジュースで野菜を取ることができるのはありがたいですね。

あえて、デメリットを挙げるとすれば「価格が高いこと」でしょうか。
とはいえ防災セットは災害時のための保険のようなもの。
家族全員が高くて内容が充実した防災セットを持つ必要はありませんが、家族に一つは「LA・PITA ものすごい防災セットプレミアム1人用」を備えておくことをおすすめします!