canon g7x mark2コンデジなら貴重なショットが思いのままに!

canon g7x mark2コンデジなら貴重なショットが思いのままに!

 キャノン canon g7x mark2とは

Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII
Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X MarkII 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X MarkII

キャノンから発売されている高級コンパクトデジタルカメラことコンデジ。
人気の「PowerShot G7X」がリニューアルされて、新たな高画質化、高機能のPowerShot G7X Mark2へと生まれ変わりました。

 種類と付属品

PowerShot G7X Mark2本体の他に、リストストラップWS-DC12、バッテリーパックNB-13L、バッテリーチャージャーCB-2LH、使用説明書が付いてきます。
メモリーカードとインターフェースケーブルは別売りなので注意しましょう。

使い方

使いやすいタッチパネル液晶&カチカチッと心地よい感触がいい!

電源を入れたらAUTOボタンでカメラが自動的に被写体や撮影状況を判断して最適な全自動撮影してくれます。撮りたいものを大きくしたい時にはズームレバーで操作、撮影を開始したい時には、シャッターボタンを深く押しこむだけです。
キャノンPowerShot G7X Mark2は、AF位置を調整できるタッチパネル液晶になっているので、画面の中でピントを合わせてシャッターを切ることできます。

PowerShot G7X Mark2の新たに設置されたカメラ前面のレバーを使ってTvやAv、ISO感度を合わせれば、ズームレンズを操るようなカチカチッという感触でできますので、楽しみながら調整してくださいね。

選ばれる理由

高画質なコンデジで貴重なシーンを楽々キャッチできる

軽くて持ち運び便利なコンデジとしてリニューアルされたキャノンPowerShot G7X Mark2は、液晶画面の角度が上側180度に加えて、さらに下側も45度の可動となり、難しかったハイアングルの撮影も楽々こなせます。
また、高画質、高感度にも磨きがかかり、第七世代のDIGIC 7を搭載。強力なブレ補正と低ノイズ化追尾、省電力機能によって撮影可能枚数の増加、撮影間隔の短縮となりました。より使いやすい性能の良さを味わってください。
手ぶれが気になる、撮影に集中したい、もっと高画質なコンデジが欲しいと思っていた方に選ばれています。

使ってみると

世界が広がるコンデジで遊ぼう!

さっそくバックにコンデジを入れて外出してみます。手軽に使えコンデジを持ち歩く事で、素敵な風景がより身近に感じます。
キャノンPowerShot G7X Mark2の大きさは、手のひらに収まるサイズなのでバックに入れても気になりませんし、ポケットにも入ってしまうのですぐに素敵な風景やシーンを撮ることができます。
持った感触はPowerShot G7X Mark2の角に丸みがあるので、とっても優しい感じです。それに、シャッターボタンが側と、前面に一箇所ずつグリップが付いているので、安心感をもって撮影できるのもいいですね。
撮影した写真は、くっきりとした鮮やかな風景を撮ることができました。特に、青空や夕焼け、木々の緑がとても美しいです。いつもよりも腕が上がったかも?と勘違いするかも知れませんよ。
その他の機能として、魚眼風やジオラマ風、トイカメラ風など、撮影しながら遊べる機能がたくさんあるので、しばらくは楽しめそうです。

おすすめしたい人

マニアから初心者の方までおすすめしたいコンデジです

今までのコンデジでは満足できない方、初めてのコンデジをとお考えの方には、キャノンのPowerShot G7X Mark2はおすすめの製品ですね。

高画質化された第七世代DIGIC 7を搭載したPowerShot G7X Mark2なら、処理機能が従来の製品よりも上回っているので、画質、ブレ補正、検出性能の高精度化は、コンデジを使い込んでいる方にも満足できる製品になっています。
また、初めてのコンデジに挑戦しようと思っている方にも、使いやすいタッチパネル画面と、上側180度、下側45度に可動するとても使いやすいコンデジです。

競合他社製品との比較

性能は?価格は?他社のコンデジと比較してみます

キャノン以外にも、ソニーなど有名なメーカーからコンデジは数多く販売されています。
キャノンのPowerShot G7X Mark2とどのような違いがあるのか比較してみましょう。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3

有効画素数2010万画素、シャッタースピードが1/2000秒と、こちらはPowerShot G7X Mark2と同じ機能。コンデジ本体の大きさも同じ製品です。
ただし、ピントを合わす手間がかかり、手ぶれを補正する機能はPowerShot G7X Mark2の方が優秀なようです。
お値段は、7万円程度とキャノンPowerShot G7X Mark2よりやや安い価格帯になっています。

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS SH-2 シルバー 光学式5軸手ぶれ補正 光学24倍&超解像48倍ズーム SH-2SLV

オリンパスから販売されているコンデジです。価格は4万円以下とかなり安く購入できる製品です。画素数は1600万画素と劣るため画質はPowerShot G7X Mark2の方がいいですね。
デザインは昔ながらのシルバーがはいったクラシカルな感じがするので、おしゃれな方にはおすすめできないかも?

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TZ90 光学30倍 シルバー DC-TZ90-S

パナソニックから出ている4万円台で買えるコンデジ。大きさはキャノンのPowerShot G7X Mark2と比べるとひと回り大きいスタイルです。ただし、画素数は2030万画素あるので画質では引けをとらない製品です。
デザインはスマートでかっこいいコンデジですが、フェンダーが少し見にくいようです。

メーカー紹介:キャノンとは

日本が誇るCanonブランド

1933年に「精機光学研究所」として創立された歴史ある会社。昔からカメラやビデオなどの映像機器に力を入れており、プリンターや複写機、デジタルマルチメディア機器を手が出ていることでも有名です。
現在の人気ブランドとなったCanonキャノンは、1985年に誕生しています。

キャノンのその他の主な商品

最新のキャノン製品のライナップ

キャノンといえば、プリンターや一眼レフカメラです。より良い写真と技術を感じさせる製品でいつもの生活をもっとエンジョイしましょう!

インクジェットプリンターPIXUS XK70

ワンランク上の写真画質で発色性が向上したキャノンのインクジェットプリンターPIXUS XK70です。無くなった色だけを交換でき、大容量インクタンクは従来のモデルよりもコストダウンしています。
写真を印刷するならこちらのインクジェットプリンターがおすすめですね。

一眼レフ/ミラーレスカメラ EOS-1D X Mark II

コンデジよりも本格的な一眼レフ派の方には、キャノンのEOS-1D X Mark IIなら満足させてくれることでしょう。CMOS半導体工程に微細化プロセスを導入して光電換効率をアップさせています。

 キャノン canon g7x mark2