BOSEのワイヤレスヘッドホンを徹底評価!!

BOSEのワイヤレスヘッドホンならどれがいいの?BOSE徹底比較


通勤や通学、スポーツの時に、ヘッドホンで音楽が聞ければ、楽しいひとときへと変わります。そこでおすすめなのが、BOSE(ボーズ)のワイヤレスヘッドホンです。こちらでは、BOSEが販売しているワイヤレスヘッドホンを徹底比較しています。ヘッドホンを購入する前に、チェックしておきまっしょう。

 BOSEのワイヤレスヘッドホンとは

BOSE(ボーズ)では、あらゆるタイプのワイヤレスヘッドホンが開発され販売されています。ヘッドホンのもつ性能を高め、パフォーマンスの多さと快適な使い心地のワイヤレスヘッドホンです。
BOSE(ボーズ)のワイヤレスヘッドホンの特徴は、イヤーカップの中にある機械と電気ソリューションです。これによって、信頼性の高いワイヤレス接続が実現し、デバイスの操作がいらなくなりました。より便利なワイヤレスヘッドホンへと進化したのです。
また、BOSE(ボーズ)のワイヤレスヘッドホンは、ヘッドホンのみでの音楽再生、メール送受信、着信応答までも、操作することもできます。
毎日の通勤やエクササイズのときに、ジムや仕事場に持ち歩けば、音楽が思う存分楽しめて、集中力も高めてくれることでしょう!

 BOSEのワイヤレスヘッドホンは、その他のヘッドホンと何が違うのか

ワイヤレスなのに快適な操作

ワイヤレスヘッドホンは、縛られることなくどこに行っても自由に音楽を楽しむことができます。従来のヘッドホンのようにコードを気にする煩わしさから解放され、デバイスを操作する必要もありません。また、マルチファンクションボタンを使って音量やトラック変更したり、Bluetoothデバイスをシームレスに切り替えたりできるのです。さらに、通話の操作までもBOSE(ボーズ)のワイヤレスヘッドホンは可能にしました!

耳がフィットする究極のイヤークッション

ヘッドホンとの違いの一つに、つけ心地の良さあげられます。ヘッドホンは耳にピッタリとフィットしていないと、締めつけられたり、落っこちてしまったり、長い時間つけると疲れるなどの不具合がでてしまう重要な部分です。BOSEのワイヤレスヘッドホンは、耳と接触する部分に究極のイヤークッションが使用され、心地よい装着感を実現しています。一日中ヘッドホンで音楽を聴いていても、ヘッドホンを付けている事を忘れてしまいそうな、つけ心地となっています。

スポーツ中でもサウンドが聞ける!

スポーツしながら音楽を楽しめるのも、BOSE(ボーズ)のワイヤレスヘッドホンのならではです。激しい動きに従来のヘッドホンでは、対応することが難しかったのですが、BOSE(ボーズ)のSOUNDSPORTシリーズならスポーツをしながらサウンドを聞く事ができます。激しい動きにも外れることなく、汗や屋外のトレーニングの水分は、疎水性生地がはじいてくれるのです。

便利なGoogleアシスタントを搭載

ヘッドホンにGoogleアシスタントを搭載しているのも、他のヘッドホンにはない機能です。音楽を再生したり、メールの送受信を行ったり、さらに着信応答を音声で操作できるようになっています。アクションボタンを長押しして、アシスタントにご自分の聞きたい事や探したい事を指示してみましょう。あなたのGoogleが、きっとこころよくサポートしてくれますよ。

ノイズキャセリングで騒音をコントロール

最後に、耳に届く騒音のレベルをコントロールできるのも、BOSE(ボーズ)のワイヤレスヘッドホンの特徴です。自分だけのノイズキャセリングレベルを設定すれば、周りの音をどのくらい入れるのか細かく決められます。QuietControl 30 headphonesは、独自のテクノロジーでボリュームのバランスをとる機能が備わっています、これらも他のヘッドホンと違うところと言えるでしょう。

BOSEのワイヤレスヘッドホンの種類

SoundLink® around-ear wireless headphones II

ワイヤレスでありながらも、深みのある低音とバランスの良いサウンドは、どなたにも満足できる音楽を提供してくれます。ワイヤレスヘッドホンの音質は、良くないのでは?と思われている方でも、BOSE(ボーズ)のSoundLink® around-ear wireless headphones IIには、きっと満足できるのではないでしょうか?
こちらの右のイヤーカップにはマルチファンクションボタンがついているので、ボリュームやトラックの変更はこちらからおこなえます。また、NFC対応のスマートフォンはら簡単にペアリングできますので、より高度なワイヤレスヘッドホンでの音楽を楽しめるでしょう。
スマートなデザインと本体は200g未満ととっても軽く、再生時間は15時間、ワイヤレス通信距離最大9mです。価格は25,920円(税込)です。

SoundSport® Pulse wireless headphones

音楽を聞きながらのエクササイズはとても気持ちがいいですね。こちらのSoundSport® Pulse wireless headphonesは邪魔になるコードがないスポーツヘッドホンです。心拍数センサーやStayHear+ Pulseチップが搭載されており、マイク付きリモコンを使えばスマートフォンの場所に行かなくても電話に出ることができます。その他にも、曲の再生・一時停止・音量調整が手を使わずにできてしまうインラインマイク機能を兼ね備えたワイヤレスヘッドホンです。
また、Bose Connectアプリを利用すれば、取得した心拍数がリアルタイムにわかりますので、状況をすぐにチェックできるのも魅力のひとつです。
スポーツをして体を動かすと汗をかきますが、そんな時でも疎水性生地で汗や水分をはじき出してくれます。もちろん雨の日でもOKですよ!さらに、邪魔にならない小さなデザインも、つけ心地の良さを感じさせますね。
本体は30g未満ととっても軽く、ワイヤレス通信距離最大9m、価格は23,760円(税込)です。

SoundSport Free wireless headphones

今までのワイヤレスヘッドホンがさらに進化したような、完全となるワイヤレスホン。ケーブルも排除してあるので、耳にちょこんとつければ、まるでヘッドホンをしていないようです。見た目も画期的で、ヘッドホンの常識を打ち破ったかのようなおしゃれで小さなデザイン。こちらの小さなSoundSport Free wireless headphonesには、凝縮くされたテクノロジーが詰まっています。音割れやノイズがなく、安定したサウンドは、聞く人にとって、心休まる音楽となるでしょう。
また、耳から外れにくく、何時間と長く使用しても快適にフィットしているので、長く使っても疲れません。
本体は30g未満と軽く、充電時間は2時間、価格は29,160円(税込)です。

SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER

耳につけるのではなく、こちらのSOUNDWEAR COMPANION SPEAKERは、首にかけるだけでサウンドに包まれる素敵なワイヤレスヘッドホンです。周囲の音を完全に消したくないと思っている方におすすめですね。
首にかけているネックバントから、深みのあるクリアな音楽が自分だけに聞こえてきます。周囲への音漏れが心配な方もいるでしょうが、音漏れは最低限に抑えてあります。
また、SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERのデザインは、薄く体に馴染む形とカラー、さらに曲げることもできるので、首や肩に合わせてピッタリとフィットさせて使う事ができます。装着していることさえ忘れてしまいそうなSOUNDWEAR COMPANION SPEAKERです。
本体は260gと軽く、バッテリー持続時間は約12時間、ワイヤレス通信距離9m、価格は34,560円(税込)です。

QuietControl™ 30 wireless headphones

音楽を楽しむ時に、気になってしまうのが周囲の騒音ですが、その騒音を自分で調整することはできませんね。でも、QuietControl™ 30 wireless headphonesでしたら、ノイズキャンセリングのレベルを自分好みに自由に調節することができるのです。しかも、どんな音量でも、高性能オーディオが、バランスのいいベストなサウンドを提供してくれます。
さらに、シンプルですっきりしたデザインのネックバンドは、人間工学に基づいてつくられています。体にピッタリとフィットする軽量設計は、1日中つけていても気にならないほど快適に使う事ができます。肌触りもいいですね。
ケーブルの煩わしさがないQuietControl™ 30 wireless headphonesは、他のヘッドホンよりも数段上の快適さを兼ね備えたヘッドホンだと言えるでしょう。
本体は65gと大変軽く、バッテリー持続時間は約10時間、ワイヤレス通信距離10m、価格は34,560円(税込)です。

SoundSport wireless headphones

スポーツやエクササイズは、体を動かす激しいアクティビティですね。その激しい動きに耐えられるワイヤレスホンがSoundSport wireless headphonesです。SoundSport wireless headphonesを使えば、快適な装着感のままでパワフルな音楽を聞くことができます。また、動きの激しさから、ヘッドホンが動いてしまう事がありますが、SoundSport wireless headphonesならチップが独自の形状で耳の入口に優しくフィットしてくれます。きっと
エクササイズに集中できることでしょう。
ワイヤレス接続をするときのBluetooth機器とのペアリングは簡単ですし、運動で流す汗や雨の中でのジョギングでも防滴設計になっています。心配することはありません。アコースティックボートが、水滴の侵入を防いでくれるのです。スポーツをする時には、SoundSport wireless headphonesは欠かせない存在となりそうです!
本体は23gと大変軽く、バッテリー持続時間は約6時間、価格は19,440円(税込)です。

SoundLink® around-ear wireless headphones II

Googleアシスタントを搭載した業界トップクラスのノイズキャセリングヘッドホンです。音声操作も可能で、最長20時間も再生できるバッテリーと、さらにワイヤレステクノロジーを兼ね備えた高性能なワイヤレスヘッドホンとなりました。
Googleアシスタントを搭載しているので、音楽の再生、メールの送受信、着信応答、日々のスケジュールなどが、すべて音声でコントロールできます。
また、ノイズキャセリングレベルは3段階に切り替えることができますので、周りの環境に左右されることなく音楽を楽しめますね。
また、ヘッドホンの使い心地は、ヨットや高級車で使用されている柔らかくて質の良いAlcantara素材を使用していますので、長い時間使用しても快適な装着感が持続してくれます。
本体は234gと軽く、バッテリー持続時間は約20時間、価格は39,960円(税込)です。

BOSEのワイヤレスヘッドホンを買うなら?

ワイヤレスヘッドホンを使い始めたら、その快適さに離せなくなりますね。そんなBOSEのワイヤレスヘッドホンには、いくつかの種類が販売されています。「自分に合ったBOSEのワイヤレスヘッドホン買うなら?」「より満足できるBOSEのワイヤレスヘッドホン買うなら?」どのヘドホンがベストなのか比較してみましょう!

肩にかけるタイプなら!SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERもしくは QuietControl™ 30 wireless headphones

BOSE(ボーズ)の肩にかけて使うタイプのワイヤレスヘッドホンは、2種類あります。耳にはめるタイプのQuietControl™ 30 wireless headphonesと、肩に置くだけでサウンドが楽しめるSOUNDWEAR COMPANION SPEAKER です。
バッテリーの長さを比較すると、SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERの方が最大12時間連続再生で2時間多く再生できます。価格は、両者ともに34,560円と変わりません。
重さはQuietControl™ 30 wireless headphonesがわずが35gですが、SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERは260gと重いようですね。
ノイズキャセリングは、SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERにはついてはいませんが、こちらは、周りを遮断ぜずに周囲の音も聞く事ができますので、その必要はないようです。
これらを比較してみると、SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERがより進化したワイヤレスヘッドホンと言えるでしょう。しかも、同じ価格という事ですから、肩にかけるタイプでおすすめなのは SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERです!

スポーツをするなら!SoundSport wireless headphonesとSoundSport® Pulse wireless headphonesを徹底比較

アクティビティなスポーツに向いているBOSE(ボーズ)には、SoundSport wireless headphonesとSoundSport® Pulse wireless headphonesがあります。スポーツに向いているということで、少し似ているタイプのワイヤレスヘッドホンですが、どんな違いがあるのかチェックしてみましょう。
まずは、価格ですが、SoundSport wireless headphonesは19,440円で、SoundSport® Pulse wireless headphoneの方は23,760円です。使用可可能バッテリー時間は6時間と同じ、
重さもともに23g、ワイヤレス通信距離は最大9mとほとんど変わりはありませんね。
機能の違いを見てみると、SoundSport® Pulse wireless headphoneには、心拍数センサーとStayHear+ Pulseチップが搭載されています。正確な運動量や心拍数をチェックしたいのなら、こちらのタイプが優秀という事になります。
また、インラインマイクはSoundSport® Pulse wireless headphoneにはついていますが、SoundSport wireless headphonesにはついていません。
5,000円ほどの違いならば、機能性が優れているSoundSport® Pulse wireless headphoneの方がおすすめです。

完全ワイヤレスとなったSoundSport Free wireless headphonesを他の製品と徹底比較!

コードがまったくなくなったSoundSport Free wireless headphonesは、見た目も使用している方にも、まるでヘッドホンを使用してないかのような錯覚を起こさせますね。他の製品とどんな違いがあるのか比較してみましょう。
お値段は、29,160円と他の製品と比べるとほとんど変わりありません。製品によっては、この値段よりも高いワイヤレスヘッドホンあります。重さは、18gとワイヤレスヘッドホンのなかでは、一番軽く、充電時間は2時間と他と変わりはありません。ただ、バッテリー持続時間が最大5時間なので、この点をみるとやや劣ってしまうようです。
使った方の評判をみてみると、使い心地おいても、音質においても、満足な使用感が得られているという声が多数寄せられていますね。
価格も、29,160円と、完全ワイヤレスヘッドホンという新しい形態でありながら、価格はほぼ他のワイヤレスヘッドホンと変わらないSoundSport Free wireless headphonesです。他の製品を購入するなら、こちらのSoundSport Free wireless headphonesの方が良いということになりそうです!

バッテリーが最大のBOSE(ボーズ)のワイヤレスヘッドホンこれ!

ワイヤレスヘッドホンにとって、バッテリーの長さは重要なポイントです。電源が長く持つならば、どこに行っても安心してサウンドを楽しめます。
バッテリーの長さを比較してみると、QuietComfort 35 wireless headphones IIが最長20時間再生、さらに15分充電するだけで2.5時間も使用できます。
その他の製品である、SoundSport Free wireless headphonesは最大5時間、SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERは約12時間、QuietControl™ 30 wireless headphonesは10時間、SoundSport wireless headphonesは6時間、SoundLink® around-ear wireless headphones IIは15時間となっています。
ワイヤレスヘッドホンの種類によって、充電時間の違いはかなり差がありますので、ご自身の使い方によって、選んであげるといいですね。
充電時間が長く、1日中サウンドを楽しめるのはQuietComfort 35 wireless headphones IIです。