BOSEのワイヤレスヘッドホンならどれがいいの?BOSE徹底比較

耳がフィットする究極のイヤークッション

 
ヘッドホンとの違いの一つに、つけ心地の良さあげられます。ヘッドホンは耳にピッタリとフィットしていないと、締めつけられたり、落っこちてしまったり、長い時間つけると疲れるなどの不具合がでてしまう重要な部分です。BOSEのワイヤレスヘッドホンは、耳と接触する部分に究極のイヤークッションが使用され、心地よい装着感を実現しています。一日中ヘッドホンで音楽を聴いていても、ヘッドホンを付けている事を忘れてしまいそうな、つけ心地となっています。

スポーツ中でもサウンドが聞ける!

 
スポーツしながら音楽を楽しめるのも、BOSE(ボーズ)のワイヤレスヘッドホンのならではです。激しい動きに従来のヘッドホンでは、対応することが難しかったのですが、BOSE(ボーズ)のSOUNDSPORTシリーズならスポーツをしながらサウンドを聞く事ができます。激しい動きにも外れることなく、汗や屋外のトレーニングの水分は、疎水性生地がはじいてくれるのです。

便利なGoogleアシスタントを搭載

 
ヘッドホンにGoogleアシスタントを搭載しているのも、他のヘッドホンにはない機能です。音楽を再生したり、メールの送受信を行ったり、さらに着信応答を音声で操作できるようになっています。アクションボタンを長押しして、アシスタントにご自分の聞きたい事や探したい事を指示してみましょう。あなたのGoogleが、きっとこころよくサポートしてくれますよ。

ノイズキャセリングで騒音をコントロール

 
最後に、耳に届く騒音のレベルをコントロールできるのも、BOSE(ボーズ)のワイヤレスヘッドホンの特徴です。自分だけのノイズキャセリングレベルを設定すれば、周りの音をどのくらい入れるのか細かく決められます。QuietControl 30 headphonesは、独自のテクノロジーでボリュームのバランスをとる機能が備わっています、これらも他のヘッドホンと違うところと言えるでしょう。

BOSEのワイヤレスヘッドホンの種類

 

SoundLink® around-ear wireless headphones II

 

ワイヤレスでありながらも、深みのある低音とバランスの良いサウンドは、どなたにも満足できる音楽を提供してくれます。ワイヤレスヘッドホンの音質は、良くないのでは?と思われている方でも、BOSE(ボーズ)のSoundLink® around-ear wireless headphones IIには、きっと満足できるのではないでしょうか?
こちらの右のイヤーカップにはマルチファンクションボタンがついているので、ボリュームやトラックの変更はこちらからおこなえます。また、NFC対応のスマートフォンはら簡単にペアリングできますので、より高度なワイヤレスヘッドホンでの音楽を楽しめるでしょう。
スマートなデザインと本体は200g未満ととっても軽く、再生時間は15時間、ワイヤレス通信距離最大9mです。価格は25,920円(税込)です。

コメントを残す