パナソニックのリビング扇風機F-CWP3000を徹底評価してみた!!

パナソニック リビング扇風機 F-CWP3000とは

世界三大銘木の高級木材「ウォールナット」を採用し、美しい円錐形状の背面やべっこう色の羽根など細部までこだわりぬいた精緻なデザインに作りあげました。

流線型デザインの新7枚羽根でよりなめらかで心地よい風を提供します。

種類と付属品

上質にこだわり抜いた、「リビング扇プレミアムモデル」は唯一無二!

「リビング扇プレミアムモデル」シリーズは、こちらの「F-CWP3000 プレミアムリビング扇 RINTO」のみです。

色は、TX(ウォールナット)となっております。材料は、共に暮らし、年輪を刻む最高級のウォールナットを選び抜き、100年の技術を受け継ぐ「匠」の熟練の技で作りあげました。

細部までこだわりぬいた精緻なディティールは、やさしく上質な自然の風をお届けします。

使い方

独自の風技術「1/fゆらぎ」を採用し、心地よい風を実現!

なめらかな風を実現した「DCモーター」搭載しており、羽根全体で風を作る「なめらか気流7枚羽根」を使用しています。

また、本体との相性を追求したモダンなデザインのリモコンが付属しており、肌触りの良いボタン操作部は、使用時に心地よさを感じさせてくれる素材です。

選ばれる理由

「上質」にこだわり抜いたプレミアムな一品!

パナソニックが25年以上に渡って研究を続け、長時間あたっても疲れにくい、身体にやさしい“ゆらぎ”のある風はもちろんのこと、360度どこから見ても美しい、コンパクトなモーター部設計は必見です。

扇風機づくり100年の歴史で培った開発力により、背面モーター部のコンパクト化を実現しました。

どの角度から見ても美しいバックスタイルは目を楽しませます。一切のネジ、 ビスも見えません。細部の細部にまでこだわった造形美は、360度どこから見ても美しく、ワンランク上のインテリアを演出できます。

使ってみると

扇風機の顔ともいえる羽根には、気品が漂うべっ甲色を使用しており、高級感を楽しむことができます。

また、太く逞しいウォールナット製のポールには凛とした美しさと、艶やかさを与えており、心地よい風だけでなく、目でも楽しめる商品となっています。

おすすめしたい人

前の項目でも説明しましたが、時間の経過さえも美しさに変える、世界三大銘木のウォールナットの重厚な木質は、格式高い木材として世界中の人々に愛され、高級家具をはじめ、 銃床や楽器にも使われています。

特に、RINTOがポール部分に採用するウォールナットは、高い品質を産する北米の五大湖周辺から採取される木材を厳選。

現地のサプライヤーへ足を運び、その一本一本をきびしい目で選定しています。

他社の扇風機と比べると、少々値が張りますが、生活している人間を癒し、上質な時間を提供する高級なインテリアとして楽しみたい人にいかがでしょうか。

競合他社製品との比較

「パナソニック リビング扇風機 F-CWP3000」以外で私がオススメしたいのは、以下の3点です。

「インテリアとしても使える扇風機」ということで、私はパナソニックをオススメしましたが、デザインはもちろんのこと、ディティールに特化した、注目すべき商品をご紹介します。

ハモサ レトロファンフロア 2017年モデル

デザイン重視でまずオススメしたいのが、こちらの商品です。レトロ感あふれるデザインとディティールで、お部屋に置くだけで、雰囲気を作ることができます。

カラー展開は、サックス、アイボリー、シルバーの三種類で、目を楽しませてくれること間違いなしです。

 

ドウシシャ カモメファン TLKF-1201D (CGD)

「カモメファン」の羽根は、世界中の船を動かす船舶用プロペラメーカー「ナカシマプロペラメーカー」の技術と職人技から生まれました。

文字を書いていてもページがめくれないくらいやわらかい風で、肌にまとわりつく熱気をサラッとふきとってくれます。床への設置面積が小さいからお掃除もスムーズに出来るのが嬉しいですよね。

バルミューダ リビング扇風機The GreenFan(グリーンファン)

世界で初めてDCモーターを採用した扇風機「グリーンファン」の2017年モデルです。最小運転時に、1.5Wの超省エネ性能が可能になっています。

就寝時にも冷えすぎないやさしい涼しさと、限りなく無音に近い静音で、快適な眠りを提供します。

専用のバッテリーと組み合わせれば、最大20時間運転可能なコードレス扇風機として使用可能です。

最大風量ではサーキュレーターに匹敵する15m先まで届く大風量が魅力です。クールなデザインで、お部屋の印象を変えてくれます。

メーカー紹介:パナソニックとは

大阪府門真市に拠点を置く電機メーカーです。白物家電などのエレクトロニクス分野をはじめ、住宅分野や車載分野などを手がけています。

34の事業部からなり、社内カンパニー制を採用しており、アプライアンス社・エコソリューションズ社・コネクティッドソリューションズ社・オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の4カンパニーで構成されています。

連結対象会社数は495社です。関連会社も含め、家電製品の他にも産業機器・通信機器・住宅設備・環境関連機器などの電気機器を中心に多角的な事業を展開しております。

2018年(平成30年)3月、創業100周年を迎えました。これを記念しての特別コマーシャルが、動画サイト、youtubeのパナソニック公式チャンネルで放映中です。