ナノケアドライヤーとプロナイザードライヤーを徹底評価!!

リュミエリーナ レプロナイザー REPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JPとは

「バイオプログラミング」の効果は絶大!

リュミエリーナ レプロナイザー REPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JPとは、ドライヤー業界で一躍有名になった「ヘアビューザー」の販売元である「リュミエリーナ」の最新・最強モデルです。
リュミエリーナが今後、海外市場に向けて本格的に開拓・展開していくためにヘアビューザーをより進化させたのが「レプロナイザー」になります。

リュミエリーナ レプロナイザー REPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JPの一番の特長は、リュミエリーナが独自に開発した「バイオプログラミング」という最先端技術にあります。

基本的にドライヤーは髪の毛に熱風を当てて乾かしたり、ブローしてスタイリングをしたりするためのもの。
そのため
・熱で髪の毛が痛んでツヤがなくなる
・髪の毛が乾燥してパサパサと広がる
といった問題が起こってしまうことがあります。

そんなドライヤーの熱による髪の毛の悩みを解消してくれるのが、リュミエリーナの独自技術である「バイオプログラミング」です。
「バイオプログラミング」の働きにより、ドライヤーでありながら
・髪の毛をツヤツヤにする
・髪の毛にうるおいを与える
といった、常識では考えられないような美容アプローチが可能になったのです。

「バイオプログラミング」とは一体どんな技術なのか?
もう少し詳しく説明していこうと思います。

まず、リュミエリーナは新しいセラミックスを開発しました。
このセラミックスが発する遠赤外線は、とても複雑な波長の組み合わせがプログラミングされているのが特徴です。
この特殊なプログラミングの条件の元では、タンパク質と結合している水和水構造が緻密になります。

ご存知だとは思いますが、髪の毛の主な成分はタンパク質です。
そのタンパク質の周りを水分子が取り囲んでいるのですが、水分子は加齢や紫外線、熱などによりダメージを受けるとタンパク質から離れ、密度が低くなってしまいます。
そうするとタンパク質の形状が変化してしまい、髪の毛の乾燥やツヤの減少に繋がってしまうのです。

ここで、「バイオプログラミング」が効果を発揮します。
プログラミングされた遠赤外線が水分子を活性化させることで密度を元に戻し、タンパク質を整えてくれます。
更に毛細胞を活性化させる働きもあるため、ツヤツヤでうるおいに満ちた髪の毛になれるというわけなのです。

また、前身モデルのヘアビューザーと比べると風量がアップしており、乾燥速度が格段に速くなったのでより使いやすくなりました。
すばやく乾燥できて、美髪になれるなんて嬉しいですよね。

リュミエリーナ レプロナイザー REPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JPは、そのデザインも特徴的。
ヘアビューザーよりもスタイリッシュで近未来的なデザインが魅力です。

ュミエリーナ レプロナイザー REPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JPを使う時は、まず頭皮に冷風を当てるのがキレイに仕上げるコツです。
冷風を当てることで、頭皮もみずみずしい美しさへと導いてくれます。
髪割れが気になる場所や、ハリ・コシが欲しい部分には特にしっかりと当てておくと良いでしょう。
それから髪の毛の流れに沿って温風と冷風を1:1の割り合いで繰り返し当てていくとツヤツヤ、サラサラで絹のように美しい髪の毛になります。
乾燥して広がる毛先やうねりが気になる部分は、特に念入りに風を当てるとより効果的ですよ。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPとは

ナノイーのパワーで髪質を改善します

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPとは、パナソニックの人気ドライヤー「髪にやさしいナノケアシリーズ」の最強モデルです。

ナノケアとは、マイナスイオンの約1000倍もの水分に包まれているイオン「ナノイー」によるケアのこと。
ナノイーのサイズはスチームの約1/100以下とごくごく小さいので髪に浸透しやすく、髪の毛にたっぷりの水分を与えてくれます。
ナノイーの効果で髪の毛の水分量を整えることでうねりを防ぎ、しっとりツヤツヤでまとまりのある髪の毛へと導いてくれるのです。
マイナスイオンの場合は表面に付着することで髪の毛をサラサラにする効果がありますが、ナノイーは浸透して髪の毛を内側からケアしてくれます。

ナノイーは髪の毛だけではなく地肌にも良い影響を与えます。
地肌にうるおいを与えることでストレスにつながる乾燥を予防し、健康に保つ効果があるのです。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPはナノイーだけではなく、ダブルの吹出口からミネラルマイナスイオンも出ているのがポイントです。
ナノイー&ダブルミネラルの効果でキューティクルを密着させ、摩擦や紫外線が髪の毛に与える悪影響を軽減する効果も期待できますよ。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPには毛先集中ケアモードという便利な機能も搭載しています。
毛先に風を当てやすいセット風量(弱風)で、冷風・温風を最適な間隔で自動に切り替えるモードなので、誰でも簡単にまとまりある毛先に仕上げることができるのです。

また、ドライヤーを当てる時には温風で温めながらクセを伸ばし、冷風で冷やしてキープすることで髪の毛がツヤツヤになります。
ブローの最後にパナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RP搭載の「温冷リズムモード」を当てることで、ツヤ髪に仕上げることができますよ。

更に、パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPは速乾性にも定評のあるドライヤーです。
実際に温度も風量もあるのですが、それだけで早く乾かすことができるというわけではありません。

その速乾ステップは
①強弱の風でぬれた毛束をほぐして水滴を作る
②風圧で水滴を吹き飛ばす
③温風をむらなく髪の毛に当てて表面の水膜を蒸発させる
となっています。
パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RP搭載の新・速乾ノズルは従来よりも風の強弱さをつけることで髪の毛のほぐし作用を強化。
速乾性能がよりアップし、従来の速乾ノズルと比べて乾燥スピードが約15%アップしたのです。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPには他にも
・インテリジェント温風モード
温風の熱さを感じにくくすることで、暑い夏でも快適に髪を乾燥できます。
・スカルプモード
約60℃の温風で地肌をやさしく乾燥します。
・スキンモード
肌にうるおいを与えてしっとり美肌に導きます
など、様々な便利機能を搭載しているのが魅力ですね。

なぜ、この2つが人気なのか

速乾で美髪になれるのが人気の秘密

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPとリュミエリーナ レプロナイザー REPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JP。
この2つが人気なのは、
・時間をかけずに髪の毛を乾かすことができる速乾性
・髪の毛を乾かしながら美髪へと導く
ドライヤーだからというのが理由でしょう。

従来のドライヤーでは熱風を当てることで髪の毛は乾燥し、少なからず傷んでしまいます。
しかし、アプローチの方法は違うものの、ナノケアもレプロナイザーも髪の毛を乾かしながら美しくうるおいに満ちた髪の毛に導くことが可能だというのが、人気の秘密だと言えそうですね。

2つを徹底比較

価格や効果、機能などを比べてみました

リュミエリーナ レプロナイザー REPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JPとパナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPは、どちらも素晴らしいドライヤーだということがおわかりいただけたと思います。

それでは、この2つのドライヤーにはどんな違いがあるのでしょうか?
価格や効果、機能など について比較していきましょう。

価格

リュミエリーナ レプロナイザー:税込み41,040円(公式サイト)

パナソニック ナノケア EH-NA99:税込み14,694円(最安値価格)

リュミエリーナ レプロナイザーはAmazonなら税込み33,000円で購入できますが、それでもパナソニック ナノケア EH-NA99の方がリーズナブルですね。

効果

リュミエリーナ レプロナイザー
バイオプログラミング効果で髪の毛のタンパク質周りにある水分子を緻密化し、うるおってツヤツヤの髪の毛にします。
パナソニック ナノケア EH-NA99
マイナスイオンよりも小さいナノイーが髪の毛に浸透し、内側からうるおいを与えてしっとりとまとまりやすい髪の毛に導きます。

「バイオプログラミング」と「ナノケア(ナノイー)」という違いはあるものの、どちらも髪の毛にうるおいを与えて健康的なツヤ髪にする効果があります。

搭載モード等

リュミエリーナ レプロナイザー
特になし
パナソニック ナノケア EH-NA99
温冷リズムモード
インテリジェント温風モード
スカルプ(地肌)モード
スキンモード
毛先集中ケアモード

様々な便利なモードを搭載しているのがパナソニック ナノケア EH-NA99の魅力ですね。

本体重量

リュミエリーナ レプロナイザー:721g
パナソニック ナノケア EH-NA99:575g
ドライヤーをかける時は、同じところにばかり風が当たってしまわないようにドライヤーを振り続けるのが理想的。
そのため、あまり本体重量が重いと腕が疲れてしまって乾かし過ぎの状態になってしまうこともあるので注意が必要です。
個人差はあるものの、疲れを感じずに済む重さの目安は600gです。
リュミエリーナ レプロナイザーはやや重いですが、パナソニック ナノケア EH-NA99は500g台なので合格点ですね。

髪の毛以外への美容効果

リュミエリーナ レプロナイザー:バイオプログラミングによるリフトアップ
パナソニック ナノケア EH-NA99:スキンモード搭載

リュミエリーナ レプロナイザーは、特別なモードはないものの冷風を顔に当てるだけでリフトアップ効果があります。
パナソニック ナノケア EH-NA99はスキンモードを搭載しており、1分くらい風を顔に当てるだけでお肌がうるおってツルツルになります。

本格派のドライヤーが欲しい人にはリュミエリーナ レプロナイザーREPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JPがおすすめ

高いけれど効果はバツグン!

リュミエリーナ レプロナイザーREPRONIZER 3D Plus REP3D-G-JPの特長は、なんといっても独自技術の「バイオプログラミング」です。
レビューや口コミでも「効果が感じられた!」という声がたくさん挙がっているし、美容師でオススメしている方、使っている方も多いです。

ただ、価格が高いということがどうしてもネックになってしまうんですよね・・・。
どれだけ高性能で、高い効果が期待できるドライヤーだとしても4万円もの大金は払えない!という方もいるでしょう。

それに、「高い効果が期待できる」とは言っても、リュミエリーナ レプロナイザーを使った人が絶対にツルツルサラサラの美髪になれるとは言い切れません。
レビューや口コミ評価の高いドライヤーではあるのですが、やはり「思っていたほどの効果はなかった」という声も少しはありますから。
(ちなみに、ドライヤーで髪の毛を乾かす際に、洗い流さないトリートメント等を付けていると効果を実感しにくいらしいです。)

以上のことから、リュミエリーナ レプロナイザーREPRONIZER 3D Plus
REP3D-G-JPがどんな人にオススメかと言うと
「現在、それなりに高いドライヤーを使っているけど満足できていない人」
です。

リュミエリーナ レプロナイザーはバイオプログラミング機能付きではあるものの、便利なモード等はほとんど搭載されていません。
髪の毛のツヤを出すためには温風→冷風の切り替えが重要になってきますが、この切り替えも自分でしなくてはいけないのでやや面倒くさいです。
また、本体重量が重いのも気になります。

しかし、バイオプログラミングは髪や肌の分子そのものを活性化させ、健康で艶のある美髪に導いてくれるという優れもの。
ですから、「単に髪の毛にうるおいを与えるだけではなく、根本から髪の毛のケアをしたい!」という方にはオススメですよ。

コスパ重視な人にはパナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPがおすすめ

 便利なモードも搭載しているので使いやすい

一方のパナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPは、最安値で15,000円程度なのでドライヤーとしては高価ですが、リュミエリーナ レプロナイザーと比べるとお手頃な価格です。

ウリである「ナノケア」は、ごく小さなナノイーが髪の毛に浸透することによって内側からうるおいを与えるというもの。
やはり、根本から健康な髪の毛に導いてくれる「バイオプログラミング」の効果には一歩及ばす、といった感じがします。

しかし、パナソニック ヘアドライヤー ナノケアEH-NA99には自動で冷風と温風を切り替えてくれたり、温風の熱さ感を抑えて夏でも快適に使えたりといった便利なモードを搭載しているという点においてポイントが高いですよね。
本体重量もリュミエリーナ レプロナイザーと比べると100g以上軽く、腕が疲れにくいのも魅力です。

以上のことから、
パナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPがオススメなのは
「コストパフォーマンス重視な人」
です。

ドライヤーに4万円は出せないけど、1万円台ならなんとか・・・。
面倒くさいのは嫌だから、便利なモードが付いているドライヤーがいいな!
そんな方にはパナソニック ヘアドライヤー ナノケア ルージュピンク EH-NA99-RPが断然オススメですよ。